2011年09月27日

ソフトウェアの公開

昨日ホームページを立ち上げて、ようやくシミュレーションソフトを公開することとした。

結局臨床でどこまで有用なのかは未知数だけども、いい使い方をした報告などがあるとありがたい。
http://bmspod.web.fc2.com/

名前は「BMs-Pod」とつけてみた。なんかかっこよかろうwww


ベイズはとりあえず学会終わるまで保留。ころあいをみて公表することとしよう。
posted by だっちょ at 07:12| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

ねた

こういうネタはpaperになるんじゃね!?


って思いついたネタを大体2日くらい考えてみるとそうでもなかったりする


最近そんなんの繰り返し




最近はもっぱらベイジアン法のエクセル応用について調べていたりする

エクセルの勉強にもなるしね


multi2というエクセルプログラムが公表されているので、そのvbaコードとにらめっこの最近





あーよくわかんねww

でも来年の今頃にはモノにしたい

そもそもやっぱり数学を勉強する必要があるのか?

収束アルゴリズムとやらに行列とか入ってきて、ほんとによーわからん




でもベイジアン法を応用したpaperなどを見るとたいてい

「multi2のアルゴリズムを組み込んだ」

見たいに書いてあるんだよなぁ


あのvbaコードを自在に操れるようになればそれでよさげだよなぁ






あと28時間後くらいのシャルケ対インテル楽しみで仕方ない

木曜の午前中の仕事を有給もらいたいくらいだww
posted by だっちょ at 23:02| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

やっと

擬似乱数テーブルを完全にvbaに移植したw





午前中ずっと細かいところでなぜかうまくいかなくて、悩んでたけど、



やっと気付いたのが一つ()が足りねーってことにwww






これだけで全然結果が違ってくるから参るよなー







とりあえずvbaに入れてしまったんで、インターフェースは非常にすっきりなってきた


でもvbaの方のプロシージャ内にゴミみたいな変数の提言とかあったりするので、その辺もすっきりさせたいなーと思う

この辺はぼちぼちでいいかねww



あとantibiogramテーブルもvbaの中に格納する予定だけど、とりあえずそこまでだな。11月中にやるのは


でもこれでやっと擬似乱数の評価が出来るようになった

マイナスの値がでたらきちっとループ出来るようにしたしね





それで若干同条件でメルセンヌツイスタ+BoxMullerとRAND+NORMINVを比較してみたんだけど、


ほとんどかわらねーww


てかvbaに移植したら、RANDの方が遅くなったように感じた


こうなるとRAND使う意味がなくなってくるので

もう一本に絞ってもよかろうか


でもpaper上では比較したってことで載せようとは思う

こんな比較したことあるやつ等いないだろうwwwww




・・・



このエクセル系の記事は見るやつが見てもわからんだろうなww
posted by だっちょ at 13:38| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

擬似乱数発生

いろいろネットで調べてみると、以下のようなことが一般的に言われているようだ

1.メルセンヌツイスタは疑似乱数発生としては優れている。

2.エクセルのRANDはあんまり精度がよくない。

3.エクセルでNORMINV(RAND())で作る正規乱数はやめておいた方が良い。

4.正規乱数発生では、Boxmuller法が良く使われている。

5.エクセル2007以降ならRANDはマシかもしれない。

6.メルセンヌツイスタは本来32ビットなのでvbaでは書けない
 31ビットとしたメルセンヌツイスタを提供しているサイトがある。


こんなところか


じゃあ

31ビットのメルセンヌツイスタとエクセル2007のRANDは差があんの?




さっきちょっと、メルセンヌツイスタ+Boxmullerのコンボと、エクセル2007のRAND+NORMINVのコンボで10000例の乱数を発生させて、エクセルの分析ツールでヒストグラムを見たり平均や標準偏差を比較してみたら







あんまりかわんないなー




比較の仕方とかよくわからんし、Boxmullerのvbaももしかしたらどっか間違ってるかもしれんけど、大した差はなさそうに感じた




エクセルで10000例を発生させる分にはRAND+NORMINVのコンボの方が早いので、こっちをベースにしようかな

そしてエクセル2003以前で用いる時にはメルBoxのコンボを選べるようにするといいか

正直エクセル2003以前でのRAND+NORMINVは遅かった。まだ比較してないけど、もしかしたらメルBoxの方が早いのかも



ヒマな時に検証してみよう







・・・

って結構知ったような記事書いてるけど


メルセンヌツイスタやBoxMullerのアルゴリズムは

よくわかりませんww

高校の数学で止まってて、いまやたぶん高一くらいの数学レベルまで退化してんじゃねって思うくらいだしww
posted by だっちょ at 18:12| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

メルセンヌツイスタ

メルセンヌツイスタという乱数発生の方法があるらしい

まったく色んな事を知れば知るほど深みにはまっていく


どこまでやればよいのかという自問自答はこれまでの30年間で飽きてしまった。



どこまででもやろう


・・・とは思うが、メルセンヌツイスタを深く知る為には、数学を勉強しなければならない。

簡単にヒトに説明できるくらいになっておかないと、使うのはまずいかなーと思う


その他感染症の勉強もあるし、日常業務もあるので、

よって




出来るところまで出来るだけやろうw
posted by だっちょ at 12:48| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする