2016年01月03日

あけましておめでとうございます2016

あけましておめでとうございます。
これまで自分がやってきたことについて、さらなる発展の可能性について悩んでいた近年ですが、昨年その悩みを払拭出来たかなと思います。すなわち、やってきたことをさらに前へ前へ進めるのは自分自身しかいないなと。

それは具体的にはBMs-Podなどこれまで開発してきたソフトを昇華させて、臨床現場でclinical pharmacometrics(CPMx)を浸透させること。例えば新しいPPKが出て来たとしても現場で使えないんじゃ意味が無いのでね。それを可能にするためにBMs-Podの一つの存在意義がある。CPMxとはなんぞやという人のために、今後その考え方や発展についてまとめていければいいなと思う。
平たく言えば、医薬品開発の中でPPKやmodelling&simulation等を駆使して集団の用法用量を計量的に予測&決定することをpharmacometricsとされてきたのに対し、CPMxは、さらにその情報を個人の用法用量の決定につなげることである。そこにはベイジアンの方法は欠かせないし、さらにPDの推移までも予測していくことで、具体的な治療効果目標まで立てるものだ。
(まだ完全に用語が決まってるわけでは無いけど、今はこの図式で理解している)

そしてあと一つの目標は、ブログの更新をもっとやっていくことだな^_^;

今年もよろしくお願いします。
posted by だっちょ at 10:37| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする